アニメ「へやキャン△」 第1話で登場したモデル地

スポンサーリンク
未分類

旧下部小・中学校跡(野外活動サークル部室)

なでしこ、千明、あおい3名が所属する野クルの部室

※現在、旧下部小学校・中学校跡は廃校となっています。イベント開催時以外、校内へ入ることはできません。

へやキャン△1-1-1

放送のシーンより

へやキャン△1-1-2

実際のモデル地

へやキャン△1-2-1

放送のシーンより

へやキャン△1-2-2

実際のモデル地

へやキャン△1-3-1

放送のシーンより

へやキャン△1-3-2

実際のモデル地

引用:公益社団法人やまなし観光推進機構



第1話放送の周辺観光スポット

常幸院

南明寺の三世梅林禅芳(ばいりんぜんぽう)和尚によって室町時代の正平7年(和暦南朝・西暦1352)年に開かれました寺院。

山号は「金龍山」。御本尊「千手観世音菩薩」(大佛師・松本明慶作)。

明治初期に焼失後、明治40年頃本堂が再建。

主な行事は、毎月の坐禅会、梅花の集い(梅花講)、4月8日花祭り、8月15日常葉川灯籠流し&花火大会、8月15日~16日1泊2日こどの禅の集い、12月31日こども除夜の鐘つき・除夜の鐘突きなど。

旧下部小・中学校跡のすぐ近くにあり、ゆるキャン△グッツでお馴染みのラッキードリンクショップなど近隣に。

 

まとめ

へやキャンの始まりの大地、旧下部小・中学校跡(野外活動サークル部室)
思いのほか高台に立地しており、実際に通った生徒たちはさぞ苦労したんだろうなと…

周辺にはゆるキャン△スポットとしてロケ地やポスターなども張られており、見るだけでも十分に楽しめる場所となっています。

歩いていける距離にラッキードリンクショップもあるのもグット!

 

コメント