「ゆるキャン△ SEASON2」イントロダクション・ストーリー

スポンサーリンク
小ネタ

INTRODUCTION

ただいま。
「晴れてよかったね」から3年。
彼女たちの新しい朝が、いつものように始まる――

2015年の連載開始からキャンプブームを牽引し続ける、あfろ原作の『ゆるキャン△』。原作コミックスは累計360万部を突破し、20年1月にはスピンオフアニメである『へやキャン△』も放送されるなど、未だ勢いは衰えない。美味しいごはん、綺麗な景色、素敵な場所。そんな何気ない日常と非日常の積み重ねを描く『ゆるキャン△』は、遍く人々の心を捉え、魅了し続けてきた。
そしてついに、TVアニメーション第一作目から3年の時を経て、再びこの稀代の原作の映像化に挑むために、第一作目のチームが結集した。
監督は京極義昭。初監督でありながら『ゆるキャン△』を成功に導き、TAAF2019では監督・演出部門で個人賞を受賞。監督のパートナーとなるシリーズ構成・脚本には、丁寧な作劇と登場人物の感情を描くことに定評のある作家、田中仁。京極義昭の持つ、リアリティに根ざした圧倒的な演出と、田中仁による精緻なシナリオは、『ゆるキャン△ SEASON2』に新たな風を吹き込んでいく。
等身大の女子高校生像をみずみずしく表現するためのキャラクターデザインには、佐々木睦美。SEASON2でも総作画監督を兼任し、キャラクターの魅力を徹底的に表現していく。
音楽は、立山秋航が続投。アイリッシュ・ミュージックを中心に、民族音楽を巧みに取り入れて制作された唯一無二のゆるキャン△サウンドは、立山秋航抜きでは奏でられない。
そしてアニメーション制作はC-Station。SEASON2でも通算10回以上に渡るロケハンを敢行し、山梨・静岡など登場人物たちが訪れる風景を見事に描き出していく。
更に声の出演も、花守ゆみり・東山奈央など、お馴染みの役者たちの再結集が実現した。

2021年の冬は、一緒に旅に出よう。

引用:TVアニメ「ゆるキャン△」シリーズ公式

「ゆるキャン△ SEASON2」イントロダクション・ストーリー 1

STORY

これも、ある冬の日の物語。

山梨の女子高校生である志摩リンは、愛車の原付に乗って一路浜名湖を目指していた。
大晦日に始めた、久しぶりのソロキャンプ。山梨を出発して静岡県は磐田へ。
年越しを磐田で迎えて、今日はその三日目。かなり距離の長い運転だが、なんだか楽しい。そんな折、立ち寄った海辺でふと思うリン。
「やっぱり、一人のキャンプも好きだ私」

一方、そんなリンの思いを知ったなでしこにも、新しい気持ちが芽生えていた。
みんなとのキャンプは大好き。ご飯を作って、喜んでもらうのも、嬉しい。だけれど。
「私もリンちゃんみたいに、ソロキャンプやってみたいな」

なでしことリン、二人の出逢いから始まった
アウトドア系ガールズストーリーの第二幕がいま、上がる。

引用:TVアニメ「ゆるキャン△」シリーズ公式

まとめ

通算10回以上に渡るロケハンは山梨・静岡で行われたという事はSEASON2の舞台は山梨・静岡である事が高いでしょう。
アニメ版オリジナルでもう少し遠出なども少し期待していましたが、原作が地域密着型のキャンプ漫画なのでそれ沿った内容になるみたいですね。

また、 SEASON1はソロキャンというよりもグループキャンの面白さを主題にしつつ、サブとしてソロキャンの楽しさなどが描かれている印象でしたが SEASON2ではソロキャンが主題になっているようで少し期待しています。

リアルではどうしても日程等のスケジュール管理などでグループよりソロになりがちなのでキャンプをしつつ楽しませてもらおうと思います。

「ゆるキャン△ SEASON2」イントロダクション・ストーリー
引用:ゆるキャン△ポータルサイト
直近人気記事
「ゆるキャン△」冷やしほうとう!?「おざら」とは?
アニメ「へやキャン△」 第3話で登場したモデル地
「ゆるキャン△」各務原なでしこ【PLUM限定】ミニフィギュア販売予約開始!
「ゆるキャン△」キャライフ/オリジナルグッズ第二弾!
「ゆるキャン△」志摩リンの交通安全ステッカーの再販決定!
『ゆるキャン△ SEASON2』最新情報が!?
「ゆるキャン△」レシピ集!

コメント