岩手コロナでキャンプ場が「否定」声明 風評被害の加害者にならないように

スポンサーリンク
小ネタ

茨城県大子町にある「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」(以下、グリンヴィラ)は、岩手県で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された男性が関東地方のキャンプ場を訪れていたことを受け、「当キャンプ場におきましてはそのような事実はございません」と2020年7月30日に公式サイト上で伝えた。

 同キャンプ場をめぐっては、インターネット掲示板「5ちゃんねる」のスレッドで、感染した岩手県の男性が訪れていたかのような書き込みが見られていた。

■5ちゃんねるで「詮索」の動き
岩手県は7月29日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認されたことを発表した。
1例目となった盛岡市の男性は、7月22日に関東地方のキャンプ場へ自家用車で移動し、23日~26日にかけて友人3人と滞在。
その後、キャンプに同行していた県外に住む友人1人がウイルス陽性だったとの報告を受け、自身もPCR検査を受けたところ感染が判明したとしている。

 岩手県初の感染者が出たことを受け、インターネット掲示板「5ちゃんねる」のスレッドには、男性の行動などを詮索するような書き込みが見られた。
その中には、7月29日から新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公園内のプールについてキャンプ宿泊者の利用を中止すると発表していた「グリンヴィラ」についての書き込みも複数あった。

 そうした中、「グリンヴィラ」は7月30日に公式サイトを更新。
男性が関東のキャンプ場を訪れていたと報じられていることについて「皆様ご心配の中お問い合わせをいただいております」と報告。
その上で、 「当キャンプ場におきましてはそのような事実はございません。通常通り営業しております」 と伝えた。

スマイリーキクチ「狂気の世界」

 20年1月に国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されて以降、感染者が出ていなかった岩手県。
それだけに、県内初の感染者が出た際には、感染者の行動や個人情報を詮索し、ひいては「特定」するような動きが起こるのではないかという懸念は生じていた。

 ネット上で長く中傷被害を受けたスマイリーキクチさんは30日、こうした「特定」の動きが実際に起きていることについて、ツイッター上で警鐘を鳴らした。
「先日、岩手県内でコロナウイルスの感染者が確認されました。ネットでは名前などの個人情報を特定する騒ぎになって、この時期に関東にキャンプに行くようなヤツは叩いてもいいという空気が漂っています。本人やご家族は戦々恐々としているでしょう。見つかれば集団リンチに遭う恐怖。まさに狂気の世界…」

 岩手県の達増拓也知事は29日に開いた盛岡市との合同会見で「新型コロナウイルス感染症は誰でも感染する可能性がある。県民の皆様方には引き続き冷静に感染対策に努めていくようお願いいたします」と呼びかけるとともに、 「報道機関の皆様には、患者のプライバシー保護について、十分なご配慮をいただくことをお願いします」としていた。  会見では記者との質疑応答中にも、感染した男性の職業や職場の所在地を質問した記者に対して、盛岡市の担当者が「個人情報になるのでお答えできない」と回答するなど、患者のプライバシー保護に関わる質問には慎重な対応を見せていた。

引用:J-CASTニュース

まとめ

今回の報道において風評被害の怖さが身に沁みますね。
5chなどは真実も記載されていることもありますが嘘もそれ以上に書かれています。
2ch管理人だったひろゆきさんも「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」と言っているとおり、嘘を真に受けた人が周囲に吹聴した結果でしょう。

自分としては良かれと思って周囲に言ったのかも知れませんが、安易な一言が風評被害の加害者となり得る事もありますので自分の発言には十分に気を付けて情報の取捨選択を行っていきましょう。

また、感染者を責める人やキャンプ場を責める人も一定数おられますが、両者悪くはありません。国としてもGoToキャンペーン等により旅行を推奨している中で感染対策をしているキャンプ場に行っただけであり、感染経路は未だに不明です。
道中のコンビニやパーキングで感染した可能性も十分にあり得ます。

可能性が複数ある中で断定する事は極めて自己本位であり、自分だけでなく周囲にも迷惑を被る可能性があります。
事実、今回名称が出てしまったキャンプ場も否定声明を出すまで事が大事となってしまいました。これでどれだけの見込めたお客が減ってしまったのかをよく考えて自分の発言をするようにしましょう。

引用:J-CASTニュース

コメント